家族信託

20180226_03.jpg
資産価値の最大化を図っていく上で、現行の後見人制度に代わって「家族信託」が話題となっている。

高齢者の不動産を守る「保全対策」としても家族信託が有効とし、融資が絡む場合には、事前に金融機関で話を詰めたほうが得策と書かれている。

とはいえ、最近は受託者融資を勧めてくれる金融機関もありココ1、2年で一気に進むような気がしますがそれに伴う法整備が追いつくのかな?

いずれにしても家族できちんと話し合いの場を持つことが一番大事です!  (家族信託コーディネーター 大川)

(全国賃貸住宅新聞2018/2/26より)