新入生と新社会人お部屋探しツール

20180423_04.jpg

マイナビ賃貸の『新入生・新社会人お部屋探し白書』というアンケート調査によると、部屋探しのツールについて、パソコンとスマートフォン、どちらの比重が大きいのか?

「新入生はPC、新社会人は半々」という結果になったとのこと。

「物件写真をじっくり見たいから」という需要が、PC優勢と思われる。

新入生・新社会人ともに「物件写真点数」「動画」の有無を部屋選び、不動産会社選びの際に重視しているとのこと。

また不動産会社に直接行くという方も依然として一定数おり、直接的な部屋探しは依然として強い傾向にありこの市場も重要かと。

(全国賃貸住宅新聞2018/4/23より)