2019年度の「定期借家物件」の募集家賃動向

不動産情報サービスのアットホームはこのほど、同社の不動産情報ネットワークに登録され、消費者向けに公開された東京23区、東京都下、神奈川県、千葉県、埼玉県の首都圏における2019年度(2019年4月~2020年3月)の定期借家マンション・アパートの募集家賃動向を次の通り発表した。

2019年度の首都圏におけるマンションの定期借家物件の平均募集家賃は、いずれの面積帯も東京都下を除き前年度比概ね上昇し、普通借家物件と比べて大型ファミリー向きの平均募集家賃は、全エリアで定期借家物件のほうが高くなっている。


とくに東京23区の定期借家物件は、好立地、高グレードな物件が多いことも要因となり、普通借家物件の平均募集家賃より約9万円上回っている。賃貸マンション全体に占める定期借家物件の割合は、いずれのエリアにおいても概ね5%未満で、大型ファミリー向きが多い傾向。

一方、アパートの定期借家物件の平均募集家賃はマンション同様、いずれの面積帯も前年度比概ね上昇。普通借家物件と比べて、マンションほど大きな金額差は見られなかったものの、東京23区のファミリー向きでは定期借家物件のほうが1.8万円以上高くなっている。賃貸アパートに占める定期借家物件の割合は、いずれのエリアにおいても5%未満で、シングル向きが多い傾向。