近い将来住みたい都道府県は?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リクルート住まいカンパニー 
現在、もしくは近い将来に住んでもいい・住みたいと思っている都道府県は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リクルート住まいカンパニーはこのほど、同社が運営する不動産・住宅サイト「SUUMO」が実施した「現在、もしくは近い将来に住んでもいい・住みたいと思っている都道府県は?」の調査結果を次の通り発表した。各地域における土地への愛着などの思いが浮き彫りになっている。

北海道・東北地方の「住んでもいい・住みたいと思っている都道府県」の第1位は「宮城県」。 第2位に「東京都」、第3位に「神奈川県」が選ばれている。北海道・東北地方の人は都会への憧れが強いのかもしれない。

関東地方の第1位は「東京都」。そして第2位には「神奈川県」と、全国的にも人口の多い都会が上位を占める結果。 3位と4位は「沖縄県」と「北海道」というリゾート地がランクイン。



関西地方の第1位は「大阪府」が圧倒的。さらに、第4位には「兵庫県」がランクイン。
「東京都」は第5位。第2位には「沖縄県」がランクイン。リゾート地人気は、やはり西日本でも変わらないよう。観光地として人気の「京都府」は第3位。

中国地方の第1位は、九州一の都会「福岡県」。第2位は「兵庫県」。中国地方に最も近い、関西地方の大都市がランクインした。

九州・沖縄地方では、圧倒的な人気で「福岡県」が第1位。福岡県を除く総ての県の住民が福岡県を1位に選ぶという結果。第2位は「東京都」。 第3位は「沖縄県」で、福岡県住民だけのランキングでは1位に選ばれている。