相続税対策の準備&問題解決

こんな疑問にお答えします!
 
1.親がひとりで住んでいる実家をどうすればいいのか?
2.築20年超の古いアパートを建替えるのかリフォームがいいのか?
3.親から受け継ぐ予定の不動産の活用方法について知りたい
4.親と同居するために賃貸併用住宅について知りたい
5.100㎡しかない土地でも親と同居できるのか?
6.古い実家を建替えるのか売却して便利なところに買い換えるのか?
7.親が高齢者施設に入所したが空家の自宅を短期間で賃貸したい
8.不動産は長男にすべてあげたい
9.法人化を考えている
10.借金が多いので相続放棄を考えている
など
 
botan_mousikomi.gif

目的を明確にして最善と思われる方法を提案させていただきますので、
その中からご自身で選択してください。

三鷹相続相談センター

HD001.jpg
 
2016年2月1日からアパマン経営の寺子屋内に『三鷹相続相談センター』がオープンしました!
 
気軽に相談できる不動産の街医者的にお立ち寄りいただける環境づくりをしています。
しかし相談していただくほとんどの人はうまく相続対策ができていないのが現状です。
 
相続税の圧縮対策は多少資産がある人が必要になりますが、相続対策は資産がそれほど多くなくても必要になります。

01-002.jpg
 
相続でもめる人はどんな人が多いのか?
実は、〇億円という財産があるから揉め事が多いのかと思ったらそんなことはなく、
2013年の統計によると財産が5億円超の財産がある件数は全体の1%以下です。
 
逆に、5000万円以下の件数が75%超、さらに1000万円以下に限定しても32%という数字。
 
ということは、我が家は資産が少ないから大丈夫、、、
とは言っていられず、他人ごとではないということです!

相続税対策について

相続税対策=借金
ではありません!

しかし相続税対策に一番効果的なことは今も昔もアパマン経営です。

アパマン経営が相続対策に効果的といわれる理由は、
資産が圧縮でき
将来かかる相続税が少なくなる
からです。

しかし、アパートを建てるだけでは全体のわずか30%しか対策したことにはなりません。
相続税対策は「資産圧縮対策」だけではなく、
分割対策」「納税資金対策」の3つ対策をバランスよく組み合わせることが重要だからです。

相続税対策が目的だからといって、危なっかしい収支でアパートや賃貸マンションを建てるのは危険です! 相続税対策だからこそ、子孫に残せるよう事業計画をたてましょう。

ハウスメーカーなどから企画書で提案されている場合は「ハウスメーカーの企画書無料診断」を
ご利用ください。